腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症と診断された方

腰部脊柱管狭窄症についての当サロンの考え方

腰をはじめ下肢の痛みやシビレに困って病院に行き、レントゲンやMRIを撮り、
脊柱管が狭くなっていると脊柱管狭窄症と診断を受けます。

「脊柱管という神経を通す管が狭くなることで神経を圧迫し痛みやシビレが起きています」
といった説明を受けます。

そもそも脊柱管とは、脊髄を入れているトンネルのような管(くだ)を脊柱管といいます。
腰の部分の脊柱管は、脊髄が1本ずつの神経に分かれて馬の尻尾のようになっています。
(この神経を、馬尾神経と呼びます。)


整形外科では、腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなってなかにある馬尾神経を圧迫し、
足や腰に痛みやシビレを感じるとこのような診断がされます。


基本的には脊柱管が狭いのが原因でそれを治さないと痛みやシビレは良くならないと考えます。


ところがアメリカなどを含めて先端の考え方の中には、
脊柱管は狭くなっていても、それが痛みやシビレの原因になることはないという考え方が広がり始めています。


基礎調査によって、脊柱管の狭窄が見つかっても、
痛くもなく、シビレもない方が多く存在していることが解ったのです。


私たち関節機能障害にアプローチするJRT療法では、
多くの脊柱管狭窄症と診断された多くの方の痛みやシビレの原因は、
仙腸関節を中心とした関節機能障害にあると考えています。


もし、脊柱管狭窄症の方に仙腸関節を中心とした関節機能障害を確認し、その部位に手技を施行し、
症状に変化がでるのであれば、それは脊柱管狭窄症による原因ではないと判断できるのです。


当サロンでは、まず徒手検査とJRTを施行し、症状の評価を行います。


この評価において症状に変化が起こるのであれば、
それは関節機能障害が原因であると考え、
施術の計画を立て、施術を継続していきます。


まれに初回の治療では診断出来ないこともありますが、
2~3回程度受診していただくとほとんどの方の原因を判断可能になってきます。


脊柱管狭窄症と診断された方の約85%は仙腸関節機能障害が原因で、
脊柱管の狭窄が原因である方は少ないというのが当サロンの考えです。


仙腸関節機能障害はレントゲンやMRIに写すことはできません。
まして血液検査などでも判断できないのです。


仙腸関節機能障害が痛み、シビレの原因であれば、
手術をしても痛みやシビレは治ることはありません。

手術をしたのに良くならなかった方の痛みやシビレの本当の原因は脊柱管の狭窄ではなく、
仙腸関節機能障害である可能性があるということです。

施術に要する期間には、個人差があります。
1ヶ月で楽になる方もいらっしゃいますが、半年、1年と経過を見ながら施術をされる方もいらっしゃいます。

JRTは触れるような手技ですが、関節には的確にアプローチを致しますので、
2週間に1度といった施術計画を立てていくことが基本的です。

是非、お問合せ下さい。