腰部椎間板ヘルニア

腰部椎間板ヘルニアと診断された方、痛み、シビレで悩みの方

腰部椎間板ヘルニアについての当サロンの考え方


腰椎(腰の骨 合計5個あります)間にある、椎間板の周辺部分である線維輪の亀裂から、
椎間板の中心部分にあるはずの髄核が脱出し、神経を圧迫して、腰痛やお尻の痛み、
足先に放散する痛み、シビレ、足に力が入らなくなった状態(坐骨神経痛)を
腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。


当サロンには、腰椎椎間板ヘルニアと診断されて手術を勧められている方を中心に、
手術をしたものの症状が良くならなかったり、
元の症状は良くなったのに手術前とは異なる部位に症状が出てきた、といった方が来院されます。


これは、現在の整形外科に「関節の機能障害が痛みやシビレ等の症状を起こす」という概念がないためです。
関節の機能障害はMRI等の静止画像ではわかりません。


痛みの原因がMRIに写るヘルニアであれば手術をすれば治癒します。

しかし原因が関節の機能障害の場合は手術をしても痛みが治る事はありません。


当サロンでは、腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方に、、
その症状の原因が本当にヘルニアなのか?
それとも関節機能障害なのかをJRTにて原因を探します。

1995年の国際腰痛学会のボルボ賞をご存知ですか。

腰痛に関する世界的な研究です。

カナダの研究チームの情報で46名の健常者(腰痛でない人)をMRI検査をした所76%の36名に椎間板ヘルニアが検出されました。

腰痛でない人の76%に椎間板ヘルニアがみつかったのです。

この情報は1995年の国際腰痛学会のボルボ賞を取った世界的に有名な研究です。
~TMSジャパンより転用~


この結果は、腰痛のない方の4人のうち3人に椎間板ヘルニアが見つかったということです。

従って、ヘルニア=腰痛 では、必ずしもないということを意味しています。

ヘルニアが痛みの原因でないとすれば、いったいどこにあるのかを見つけることがもっとも大切なことではないでしょうか。