坐骨神経痛

坐骨神経痛は病名ではありません。

「坐骨神経痛です」と病院で説明を受けた方は多いはずです。


しかし、この「坐骨神経痛」は、病名ではないことをご存知でしょうか。


坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されて生じる痛みの総称を坐骨神経痛というのです。


原因は、色々考えられております。
例えば、梨状筋症候群や椎間板ヘルニア等によるヘルニア腰椎の4番 5番の神経の圧迫なども、
原因の一つと考えられています。



当サロンでは、坐骨神経痛のほとんどが仙腸関節機能障害が原因だと考えています。


臀部(お尻)から下肢に至る痛みやシビレが起きると、その原因を調べに整形外科にかかると思います。


レントゲン検査やMRI等の検査を行い、
腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性腰椎症等の異常が確認されると、


「あなたは、椎間板ヘルニアです」といった診断を受けます。


ですが、画像上異常がなく原因がわからない場合が多々あります。
椎間板ヘルニア参照してください)


この場合、「あなたの痛みは坐骨神経痛です」といった話があります。


しかし、上記の整形外科一般論にもあるように、坐骨神経痛は症状の事であり病名ではありません。


従って、坐骨神経痛と指摘された方は、治療方法はほぼない状況です。


坐骨神経痛というお話があった方は、是非、JRTを受けて下さい。


痛み、シビレの原因を確認いただけます。