ぎっくり腰(急性腰痛)

激しく痛むぎっくり腰についての当サロンの考え方です。

ぎっくり腰(急性腰痛)ついて。


一般に、筋・筋膜性腰痛(魔女の一撃と呼ばれるもの)といって、
筋肉などに炎症が起こるものが周知されていると思います。

また、腰椎椎間関節の炎症の方も大変多いです。

当サロンは、この急性腰痛に対しても、仙腸関節を中心に判断していきます。


もちろん、腰椎椎間関節部位が痛いとお話しされても、同時に仙腸関節機能障害を確認いたします。


実際に、仙腸関節機能障害を持った方がほとんどであり、
仙腸関節を触れるように動かす(1mm程度)ことで、楽になる方は大変多いです。


JRT療法(関節機能障害回復テクニック)を施行すると、
このような症状を繰り返すことも少なくなります。


慢性腰痛にならないためにも、仙腸関節機能障害を取り除くことが大切であると考えます。